建設業退職金共済制度に加入できます。

建設業に働く人たちを対象としてつくられた国の退職金制度です。国からも補助金が出ています。一日、わずか310円の掛金です。共済手帳が交付され、掛金で共済証紙を買って、手帳に貼っていきます。退職金を受け取るには、共済証紙が24ヶ月(21日を1ヶ月と換算)以上になって、建設関係の仕事をしなくなった際の請求により、支給されます。

組合では建退共制度を推進していくために、「建設業退職金共済手帳」の申請や共済証紙の購入などの加入事務手続きを行っています。

一人親方は、組合で加入手続きができます。共済証紙の購入代金6,510円は(一日券310円×21枚)、原則として自己負担となります。

○退職金の支給額は次の通りです。

年数(月数) 退職金額
2年(24ヶ月) 156,240円
5年(60ヶ月) 408,177円
10年(120ヶ月) 936,789円
15年(180ヶ月) 1,548,078円
20年(240ヶ月) 2,205,588円
25年(300ヶ月) 2,927,547円
30年(360ヶ月) 3,717,861円
35年(420ヶ月) 4,610,382円
37年(444ヶ月) 4,999,680円
40年(480ヶ月) 5,633,754円

○掛金や退職金水準などの見直しは、数年毎に行われます。

【組合に加入すると】に戻る